シーフコイダンとは

シーフコイダンとは?

シーフコイダンとは、フコイダンを低分子化し、体内への吸収率を飛躍的にアップ
させたものです。

 

フコイダンとは、モズク、ワカメ、コンブなどの海藻の表面を覆っているヌルヌル
成分の多糖体のことです。

 

1995年のがん学会において、フコイダンのアボトーシスの作用が発表され、それ以来フコイダンの健康パワーに注目が集まり、栄養補給や美容など、世界中で研究が続けられているのがフコイダンなのです。

 

多糖体については、アロエに含まれるムコ多糖体や、アガリクスに含まれている
βグルカンなどが有名です。

 

フコイダンも多くの糖がつながった多糖体のひとつです。
水分を保持し、ヌルヌルやゲル状態を作り出すのが特長です。

 

また、体に必要な必須アミノ酸もバランスよく含まれています。

 

アミノ酸といえば、ヒトの体の細胞、ホルモン、酵素などを形成するたんぱく質の
最小単位で、生命の源でもあります。

 

そのなかでも、必須アミノ酸と呼ばれる9種類のアミノ酸は、体内で生成することができないので、食事などで外部から摂取する必要があります。

 

たとえば、モズクの中には、フコイダンとともにアミノ酸も豊富に含まれているのです。

 

そして、シーフコイダンにも、この9種のアミノ酸を含む18種類のアミノ酸が配合されているんですね。

 

これら多糖体とアミノ酸が元気の源となって、健康を促進するんですね。